どこよりも高い効果で綺麗に掃除ができる

木の伐採

伐採の際に気をつけなければいけないこと

大きく成長した木は倒れてしまうと周囲に甚大な被害をもたらします。そこで不要になった木は伐採により安全に処分する必要があります。主な方法としてチェーンソーを用いて伐採する方法です。最も労力が少ない方法ですが、これも注意が必要になってきます。安全に切り倒す為のスペースを確保する他、切り倒し時の衝撃が大きいので人や建造物に被害をもたらさないことが大事です。大きな木の伐採作業では万が一にでも巻き込まれると死亡事故に発展する可能性の低くはありません。それほど危険な作業なのです。また、切り倒した木が他の木に寄りかかってしまう「かかり木」となった場合はその処理等は大変危険ですので細心の配慮が必要になってきます。

安全に木を伐採する為の様々な方法

木の伐採方法は多々あります。しかしそのどれもが安全を重視したものになってます。伐採の際に万が一にも人や建造物に』当たればその被害は甚大だからです。まず、一般的にチェーンソーを用いた方法ですが木が倒れやすい重心を見定め、切込みを入れて伐採するのですが、これには切り込みの深さや角度の判断が重要になります。チルホールを使用した方法もあります。木の重心による向きがありますが、これに逆らって異なる方向に伐採する時にチルホール等のウインチを用いて作業します。これを使用しても重心や切り込み等が深く関係してきますので牽引方向と倒木方向をしっかり把握して周囲への安全を確保できるようにして伐採しなければなりません。